今日は上巳の節句、ひなまつりです(´▽`)

2019.03.03

こんにちは(*´ω`*)

湘南パンケーキ小田原本店です!!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!(^^)!
今日は3月3日、ひなまつりですね!
ついこの前、節分をしたばかりなのに、もう一ヶ月。。。。
あっという間に3月です(;゚Д゚)
ところで皆さんは、ひなまつりがどういうものなのかご存知ですか??
少し紹介させて頂きます!(^^)!
ひなまつりのイメージといえば、お人形を飾ることと、あの歌!
あかりをつけましょ ぼんぼりに~」
の印象が強いですよね。
そんなひなまつりの起源は平安時代、約1000年前まで遡ります。
元々は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされています。

もう少し深くお話させて頂くために、二つのお話をまずさせていただきます。

まず1つ目の話は、「上巳の節句」についてです。上巳の節句とは中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。

二つ目は、当時、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今で言うところの「おままごと」が流行っていました。これを「ひいな遊び」と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」が誕生しました。

さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく家で飾るように変化していきました。

これが、ひな祭りの由来と言われています。

つまり、上巳の節句には、特に女の子の日という概念はなく、男女共通の行事として、厄祓いや邪気祓いが行われていましたが、その後、江戸時代になり、江戸幕府が3月3日を上巳の節句と決め、さらにひな人形を飾る様になったことから、「女の子の日」となったのです!(^^)!
ひな祭りとは単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、今のひな祭りとなっていったのです。
あの飾ってる人形には、お雛様に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらう意味があったのですね!!
皆さんも気になる行事があったら調べてみてください!
きっと楽しいと思います!(^^)!
さて!!
湘南パンケーキ小田原本店ですが、明日の4日から、一大イベント・・・
パンケーキ食べ放題が始まります!!!!
大人気パンケーキが5日間限定で、90分(ラストオーダー60分)食べ放題となってますので、
ぜひこの機会に、ご来店ください(´▽`)
最高のパンケーキとともに皆様のご来店お待ちしております!(^^)!

ACCESS
アクセス

湘南パンケーキ 小田原店

湘南パンケーキ 小田原店

住所
〒 250-0012
神奈川県 小田原市 本町2-6-1 高井ビル2F
電話番号
050-5272-9813
営業時間
全日10:00~20:00(LO19:00)
定休日
年中無休